クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

300BAR【銀座】

銀座300BARはこんなバー

一杯300円でおいしいお酒が楽しめるカジュアルバー。立ち飲み形式で、各メディアにも取り上げられている影響で連日混雑。20時頃から混み出し、入場規制になることもあるのでできるだけ早めの入店をオススメする。エントランスで3枚綴りのチケットを購入して入店する形で、チケットを持っていないと入店時に止められるので、購入するか残っていたチケットを提示する必要がある。場所柄、サラリーマン・OLが多く、年齢層はまばら。クラブではないので、声をかけてもナンパっぽくないので話しやすいので初心者にもオススメ。最近はナンパ師も多く、レッドオーシャンとなりつつある。

よく333(トリプルスリー)と比較されるが、どちらかというとこちらは社会人のコミュニケーションの場というニュアンスが強く、男に話しかけられることもしばしば。下心なく、純粋に社会人同士のコミュニケーションを楽しみたいという方はこちらをオススメする。男女比はかなり悪い可能性が高く、8:2や9:1の日も。

バーナンパのコツは、ナンパ慣れしていない子も多いので、ナンパっぽくなくいかに自然に話しかけられるかが重要。クラブではないので、「ここよくくるの?」という超オーソドックスな声かけでも反応は悪くないことが多い。クラブではシカトの対象になるのでやらない方がよいが。社会人相手なら、ある程度打ち解けたところで、「今度合コンしようよ」といってバンゲすることも可能。名の知れた会社ならなおさらこの聞き方で十分。

300バーは、5丁目と8丁目に二カ所あるが、8丁目の方が穴場で比較的空いていることが多い。5丁目は飲み屋が多い裏通りなので人の出入りはあるがゆっくり話せる感じではない。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

オススメ

このページの先頭へ