クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

27.大きいカバンを持っている子を狙え

クラブは常連さんもいれば、はじめてくる子もいます。和みやすいのは後者で、見分けるポイントとしてはクラブに馴染んでいるかどうかです。

例えば、クラブでは基本的に荷物は持ち込まずにロッカーに入れるのが原則ですが、勝手がわからないので大きい鞄をそのまま持ち込んでくる女の子がいます。間違いなく馴染めていないので、すかさず「クラブもしかして初めて?」と声をかけましょう。高確率で和めるはずです。体を動かしていない子や、周りをきょろきょろしている子もクラブ慣れしていないパターンが多いので、優しくエスコートしてあげましょう。それだけでポイントアップです。

20歳前後の若い女の子は、見栄で六本木などのクラブに来ることがよくあります。「私はまだ20歳くらいだけど、六本木のクラブなんかに行っちゃうイケてる女」を演出したいのです。友達に、「昨日は六本木のクラブで飲んでた」と言いたいのです。しかし、あまりクラブに来た経験がないと上記のような失敗をしてしまうわけです。

同じような理論で、服装でもその判断は出来ます。雑誌の系統でいうと、CancamやVivi系ではなく、Non-noなどのカジュアル系の女の子です。パッと見、「カジュアルだなあ」と思う子です。このタイプの子は普段からあまりナンパされていないので、ちやほやされるととても喜びます。服装とは面白いもので、その人の自信の表れとなっていることが多いです。見た目に自信があるから露出が高めの服装など男性の好きそうな服装を好む。見た目に自信がないから、長めのワンピースなど控えめな服装を好む。そして、前者はライバルが多いので、女の子は男性を選別しますが、後者はライバルが少なく、ちやほやされる経験も少ないので、「かわいいね!」「めちゃタイプ!」と持ち上げるだけでどんどんポイントが上がっていきます。そのため、初心者の方は、ぜひカジュアルの女の子を狙ってください。そして成功体験を積み、自信がついてきたところでエロめのお姉さんにアタックするようにしましょう。

またクラブナンパはスピード勝負です。数多くのナンパ師が獲物を狙う目で女の子を探しています。このようなカジュアル女子は口説くのが比較的簡単なのですぐに持って行かれてしまうため、見つけたらすぐに声をかけるようにしてください。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

オススメ

このページの先頭へ