クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

25.クラブナンパは見た目を最大限に高めて臨む

以前にナンパは見た目が9割的な記事を書きましたが、重要なテーマなので改めて扱います。

クラブに行ったことがない方のために簡単に説明しておくと、クラブとはお酒を飲みながらコミュニケーションをする場所で、都内であれば六本木や渋谷、大阪であれば心斎橋に店舗が集中しています。クラブにはいわゆる「ナンパ箱(チャラ箱ともいう)」と「音箱」があり、ナンパに向いているのは前者です(後者でナンパをすると冷たくあしらわれるかも)。

お酒を飲んでいる女の子にしゃべりかけるのがクラブナンパの基本的なスタンスです。クラブナンパの良いところは、ストリートと異なり、閉ざされた空間なので声をかける心理的負担が少ないことです。女の子側もある程度ナンパされるのを理解しているのでこちら側も声をかけやすいのです。しかし、ライバルが多いためほかのナンパ師よりもいかに見た目をよく見せることができるかがポイントとなります。

クラブはドレスコードのあるところがあるので、ハーフパンツはやめておいた方が無難です。ドレスコードのないところは入場こそできますが、女の子受けという観点からもあまりオススメしません。また、クラブは箱によって客層が全然違います。たとえば渋谷であれば年齢層は20代前半と比較的若く、ギャル系やアパレル系の女の子が多いので、ワイルド系のファッションがウケる可能性が高くなります。逆に六本木であれば、OLやキャバ嬢が多いので、スーツやゴージャス系で臨むとウケる可能性が高くなります。無難に行くのであればスーツですが、普段着用しない方は、その箱の客層を考えて服を選ぶようにしましょう。どのような服装が適しているかがわからない方は、準備編でも解説した「きれい目スタイル」で臨むのが良いです。

また、クラブは人気の箱ほど非常に混雑します。歩くのも困難になるほど混むことがよくあるので、衣服にお酒をこぼされたり、足を踏まれたりすることがよくあります。そのため、あまりお気に入りの服装をしていくと、被害にあった時のダメージが大きいので多少なら汚れてもいい服装で臨むと良いです。

ネットナンパ同様ライバルが多いので、少しでもそのライバルに見た目で勝てるよう、きちんと着飾ってナンパをするようにしてください。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

このページの先頭へ