クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

ネットナンパ実践編⑤〜リスクヘッジを行う〜

出会い系サイトは多少なりとも危険が付きまといます。危ないのは女の子だけでなく、男性側もきちんとリスクヘッジを行わなくてはなりません。以下にポイントをまとめましたので頭に入れておきましょう。

・主導権はこちらが最後まで握る
アポの日時や出会う場所、お店などはすべてこちら側が決めます。女の子が「こういうお店があるんだけど行きたいな」「よかったらうちに来ない?」といった提案があった場合は必ず警戒してください。美人局や、お店とグルになって犯罪行為に及ぶ可能性があります。必ずプランはこちらが主体で決めましょう。
・人妻はハイリスク
響きがエロく、連絡を取りたくなる気持ちはやまやまですが、リスクは高いです。万が一相手の旦那さんとトラブルになった場合、百万単位の賠償金を要求されることも十分にあり得ます。そのことを頭に入れたうえで連絡をとるようにしましょう。
・個人情報を必要以上に教えない
よくあるケースとしては、サイト外でやりとりをするためにメールアドレスを教えてそのアドレスが迷惑メールの送信先として登録されてしまうことです。最近ではLINEのやり取りがほとんどなので、LINEは教えられないけどアドレスなら教えられるといったことを言ってくる女の子は業者の可能性が高いです。ただ、本当にLINEをやっていない子もまれにいるので、見極めが必要です。
・貴重品の目の届かないところに行かない
ホテルや自宅に連れ込んでシャワーを浴びるときは特に警戒が必要です。前項でも説明しましたが、女の子は基本的に出会い系で出会うことを怖いと思っています。それなのに、これらの場所にのこのこついてくるのは何か裏があるのではないかと必ず疑うようにしてください。ナンパの世界では、ホテルでシャワーを浴びてる間に現金を抜かれてしまった、いったことがおこります。シャワーは一緒に浴びるなどの対策をとりましょう。

いずれにせよ、少しでも怪しいなと思ったら冷静になって客観的に分析してみることが重要です。世の中うまい話はありません。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

このページの先頭へ