クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

ナンパ準備編その②〜ナンパの目的・スタイルを定める〜

あなたがナンパをする目的はなんでしょうか。

誰にも負けないくらいの美人を彼女にすることでしょうか。100人の女性とセックスをすることでしょうか。ナンパの目的は、ナンパ師によって違います。とにかく女性とセックスがしたいという方が多いですが、周りに流されず、自分の目的というものをしっかり持っていないと時間の浪費につながります。

ナンパは中毒性が高く、やめようにもやめられないという方がたくさんいます。一時の快楽を求めてナンパをする、もちろんそれもいいのですが、生きる上で最も重要な要素である「時間」を使ってナンパをしているということを絶対に忘れないでください。惰性でナンパをやっていても成長せず、ただただ時間の無駄づかいです。ナンパをはじめたての時は、とにかく一人でも多くの女の子に声をかけることが重要なので時間がかかるかもしれません。しかし、目的をしっかり設定していれば、使った時間はのちに財産となります。なぜなら、目的を設定すると、その目的に近づくためにあれこれ考えるからです。

「なぜ今の声かけはダメだったのか」
「なぜ今の会話は女の子を笑わせられたのか」

このような問いかけを常に行うことで、ナンパの成功確率はどんどん上がっていきます。そのノウハウはのちに必ず財産となるので、決して無駄にはなりません。目的をしっかり頭に入れ、その目的からぶれないようにナンパをしましょう。

また、ナンパのスタイルを定めてください。ようは、何キャラかということです。これもナンパ師によって様々ですが、大きく分けるとお笑いキャラ、誠実キャラに分けられます。ここでポイントなのは、素の自分に近いスタイルを選ぶということです。人を笑わせるのが得意な方はお笑いキャラを演じ、女の子を笑わせるようなナンパをする方が成功確率は高くなります。逆に、そのようなのが苦手な方は、丁寧で聞き上手なキャラを演じる方が成功確率は高くなります。

何が言いたいかというと、普段の自分と違うキャラを演じでも化けの皮はすぐにはがれてしまいますよ、ということ。何より自分自身が疲れます。周りのナンパ師がみんな笑いを取りに行くようなタイプだからと言って自分もそのキャラになる必要はありません。ナンパ準備編その①でも書きましたが、ナンパは営業のようなもので、商品は自分そのものです。自分どうですか?と女性に売り込むのと同じなのです。本当は穏やかなキャラなのに、テンション高めで声をかけたら商品を偽っていることになります。

ちなみにぼくの話をすると、ナンパの目的は、「北川恵子似の彼女を作る」なので、スト高以外には基本的に声をかけませんでした。また、キャラは誠実系なので、小細工などは使わず、ストレートなナンパを心がけていました。

キャラや目的に正解はありません。自分が設定したものが正解なのです。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

このページの先頭へ