クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

続・LINEが既読にならない理由について考察する

このサイトは、クラブナンパ師のためのサイトなのですが、たまにそうではないであろう人がこのサイトにたどり着きます。
おそらくその人は、LINEの既読恐怖症です(笑)

LINEが既読にならない理由を知りたくてgoogle先生に聞こうとしたらこのサイトを紹介された、という具合です。
ようこそ、クラブナンパラボへ(笑)

今回は改めて、なぜ既読にならないのかについて考察してみたいと思います。

前回の記事はこちら

世間では、既読をつけて返信を返さないケースをKS(既読スルー、正確にはKTだと思うんだけどw)と言ったりします。
この既読システムについておさらいすると、既読は相手がメッセージを確認した時に表示されます。さらに詳しく書くと、相手がトークルームに入ってメッセージを読んだとき、「このメッセージは読まれましたよ〜」という情報がLINEのサーバーに送信され、その情報が送信者から見えてるわけです(たぶん)。
この「読んだ」という情報は、トークルームを開いたときに送信されるので、トークルームに入らないと情報は送信されません(つまり、ホーム画面上にポップアップで表示されて閉じるを押した場合は既読情報はつきません)。

既読が付いている(ちゃんと読まれている)のに、返信がない。
おれ嫌われてるんじゃないか。。

これがLINE既読恐怖症の正体なわけですが、、、

みんな気にしすぎ!

と、個人的には思う(笑)

ぼくはよくクラブでナンパして個人情報を交換するとき、LINEのアイコンをチェックする。LINEに対する姿勢を判断するためだ。特にLINEIDを交換するときは、トークルームの未読状況も確認できるので忘れずにチェックすることをオススメします。トークにたくさんのバッジ(赤い丸)がついてる子=LINE放置主義なので、なかなか既読にならなくても「LINEを放置するタイプだからもうちょっと待ってみるか〜」と安心できるわけです。

さて、じゃあどれくらいLINE放置主義の女の子がいるのか。
個人的には、6割くらいだと思ってます。けっこう多い!
女の子は9割iPhoneユーザーだから、「ランプがチカチカ点滅してうざい!」ってこともないだろうしね。
Androidだとチカチカうざいから既読にする人も多いと思います(ぼくがそうです)。

メールの時はマメだったけど、LINEの時代になってからはマメじゃなくなったって人もけっこう周りにいます。
これはやりとりするメッセージ数が関係してるんじゃないかなーと個人的には考えてます。

メールだと比較的テキストは長めで、送信するまでのステップが多かったため、やりとりする数は比較的少なかったと思います。

一方で、LINEはスタンプだけでやりとりしてしまうくらい手軽さがある故、スピード感がメールより全然早い。なので、やりとりするメッセージ数が必然的に多くなるわけですね。
だから単純に疲れちゃうんです。結果、疲れたから放置!って人が多いんじゃないでしょうか。

だから、ある意味既読が付いたということは、疲れてるのに見てくれたんだ!とポジティブに捉えることもできますよ。
ポジティブすぎか(笑)

まとめると、
・その子がLINEに対してどういう姿勢でいるのかをLINEID交換時にチェック!
・LINEは疲れるから既読にならなくても首を長くしてまとう!

ってことですかね。

あと補足で、機内モード(飛行機のマークのやつ)にしてトークルームに入ると、既読情報をサーバーに送らないでメッセージを確認できます。
つまり、トークルームに入ってメッセージを確認したにもかかわらず、相手に既読がつきません。

さらに補足すると、スタンプをプレゼントしようとして「そのスタンプは既に持ってるからプレゼントできないよー」と表示された場合は、「お前のことブロックしてるよー乙!」と脳内変換しましょう。
もちろん、本当にそのスタンプを持っている場合があるので100%ではないですが、、

既読なんて怖がることはない!
レスポンスが遅かったらまたクラブに行って新しい子を見つければいいじゃないか!

以上、LINEの既読を考察するブログでした。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

オススメ

このページの先頭へ