クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

費用対効果と時間対効果を意識する

ナンパをするとき、費用対効果を意識するだけでなく、時間対効果も意識しなくてはいけない。

クラブナンパは費用対効果は高い(もちろん場所にもよるが)が、時間対効果は低いと個人的には考えている。

1回3000円で2ドリンク、女の子をナンパできて好きな洋楽を聴きながら踊ることができる。

自分の価値観から考えるとこれは安い。

毎週末にやってくる小さな非日常空間で、ストレスを発散する。

十分3000円の価値はある。

しかし時間対効果はどうか。

クラブは一度入ると始発まで拘束される。

もちろん、タクシーで帰ることも可能だが、費用対効果が著しく悪くなる。

数時間を裂かなくてはいけないわけで、時間対効果はあまり良くないかもしれない。

一方ストナンはどうか。

買い物ついでにタイプの女の子を見つけてナンパをする。

本来の目的である買い物自体に時間コストが発生しているので、基本的にナンパ自体に時間コストはかかっていないと考えられる。

さらに、バンゲのみであれば費用もゼロなので、全く無駄のないナンパと言える。

しかし、ストナン自体のハードルがクラナンより高いため、全ての人にとって最も効率的なナンパというわけではない。

大事なのは、どのシチュエーションのナンパが自分にとって一番効率的なナンパなのかを考えること。

諸々のコストが効果と見合っているのかを常に考えることが大事である。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

このページの先頭へ