クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

肉会というものに参加してきた

昨日は友人の誘いで肉会というものに行ってきた。

肉会公式サイト

簡単に言えば、肉を食べたい(おごってもらいたい)女と、おごってあげたい男をマッチングさせるサービスで、Facebook上で展開されている。

ペアで登録する必要があり、友人とその友人が元々は登録していたのだが、友人の友人が来れなくなり、ピンチヒッターとして呼び出された。

はじめは合コンと聞いていたのだが、マッチングサイトで知り合ったので、顔を見たことがないとカミングアウトされる。

終わっている。

言われるがまま、六本木の高級そうな焼き肉屋に案内され、待つこと20分ほど。

「すいません遅くなりました〜!」

やってきたのは30代前半くらいのお姉様方。

終わっている。

オーバー30で遅刻の連絡もなし。

しかもレベルは中下。

こいつらになぜ高級肉をおごらなければならないのか。

形式張ったトークに、終電まで明らかに時間があるのに終電近いからと言い出す始末。

二人とも翌朝から予定があるのでと予防線をはる。

終わっている。

10000円が飛んだ。

あほくさ。

こういうマッチングサービスはFacebook上で色々展開され、今後もされていくだろう。

出会い系マッチングサービスのOmiaiやpairsを始めとし、今後も合コンマッチングサイト、ゴルフマッチングサイト、鍋会マッチングサイト色々出てくるだろう。

肉会から学んだが、

食べ物系のマッチングサイトは、基本的に食事>出会い。

あくまでも、おいしいものを食べたい。

おいしいお店を知りたい。

おいしいものをおごってもらえるから、まあ普通に会話くらいは楽しんであげようか。

それくらいの感覚なのかもしれない。

そういえば、婚活をしているかと聞いたときにしていると言っていた。

肉会以外にだ。

合コンなどに積極的に参加しているらしい。

やはり食べることが主たる目的なのである。

そして、やっぱりサイトからの出会いはヴィジュアルには期待できない。

Facebookであれば、ある程度は写真等から判断できるが、まだまだかわいい子は少ない。

Facebookからの出会いは、出会い系サイトのようなものと比べると後ろめたさがないので、今後もっと女の子はアクティブになってくるだろう。

ただ、食べ物系のマッチングサービスは、食べることと出会いのどちらにウェイトが傾いているか判断しないと無駄なものになる。

学んだ。

しかし、肉はうまかった。

勉強代と思って割り切ることにする。

トークに自信がない方はこちらの商材を使って事前に鍛えておきましょう↓

オススメのトーク術

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

このページの先頭へ