クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

ネットナンパ実践編④〜会える人と会えない人の見分け方〜

出会い系サイトは、まれに出会えない系サイトと揶揄されることがあります。それは、出会う意思のないサクラや、会ってセックスをするのにお金がかかる援交業者の存在があるからです。サイトにもよりますが、会えない人=サクラ・援交業者と定義すると、半数以上が会えない人です。会えない人とやり取りするのはお金と時間の無駄なので、いかにして会えない人を避けるかが重要になってきます。

幸いなことに、会えない人は写メやプロフィール文にいくらかヒントを残しています。このヒントをもとに会えるのか会えないかを判断するわけです。以下に会えない人の特徴をまとめました。

・胸元を強調した写真
 ただでさえサイトに警戒心を持っているのに、こんな挑発的な写真を掲載するのはほぼ間違いなく会えない人です。
・「お願いあり」「紳士」「優しい人」「エッチ」「助けて」といったワードが入っている
 典型的な援交業者が書き込むワードです。メッセージを送らないようにしましょう。
・顔写真が荒くて美人
 他のサイトからの盗用である可能性が高いです。サイトごとに画像の解像度が異なるため、無理にサイズを引き延ばしているがために起こる現象です。
・会話がかみ合わない
 これは最もわかりやすいです。質問しているのに全く異なる返事が返ってくる。これは業者がコピペメッセージを送っているからです。

上記のものを避けるようにすれば、会える確率は高まります。もちろん、上記に当てはまっても会える人はいますが、確率の観点から得策ではありません。最近は会えない人のプロフィールも巧妙化してきており、会える人との区別がつきにくくなっています。慣れないうちは、メールを送って返信が来て初めて気づくパターンも多いと思います。そのため、ある程度の慣れは必要です。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

オススメ

このページの先頭へ