クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

ネットナンパ実践編③〜サイトからLINEへの誘導はある程度仲良くなってから〜

ハッピーメールやワクワクメールなどのポイント制の出会い系サイトは、やり取りをするたびにお金がかかります。男性としては費用を出来るだけ抑えたいので、できるだけ早めにLINEやメールなどに移行したいところです。

その気持ちはとてもよくわかりますが、例えば

「こんにちは!ぜひ仲良くなりたいと思ったのでメールしました。LINE→●●なので、検索してみてください!」

一通目からこのようなメッセージを送る人がいますが、まず返信は来ないと思ってください。女性は出会い系サイトを利用しているとはいえ、顔も名前も知らない男性のことを基本的に怖いと思っています。そのような状況で一方的に連絡先を送られても、怖くて連絡できないのが本音ではないでしょうか。LINEは簡単にブロックできるので、「もしいやになったらブロックしてもいいから!」と付け加える人もいますが、そういう問題ではないのです。きちんと相手の気持ちを理解しているということを伝え、まずは警戒心を取り除くことに注力しましょう。そのためには、できるだけ長文で、最初の2~3回のやり取りはサイト上で行うべきです。惰性で短文のやり取りをしているようでは相手の警戒心を取り除くことは出来ませんし、それこそお金の無駄遣いです。

「返事ありがとうございます★すごくタイプだったのでうれしいです。僕は28歳でエンジニアとして働いています。ネットのことなら任せてください(笑)休みの日はだいだい飲んでいるか買い物行ってます!あとカフェめぐりとかも好きなんで、カフェ開拓したりしてます。●●さんは休みの日何してるんですか?」

このような感じで、自分は何者なのかを中心に話し、疑問形で締めくくれば良い印象を与えた上で返事を促すことができます。そして3通くらい交わした後、

「サイトでやり取りするのもいいんですが、毎回接続するのも面倒なので、もしよかったらLINEでやり取りしませんか?もしいやだったら大丈夫ですけど(^^)」

くらいの軽い感じで打診すれば警戒心与えることなく、連絡先を聞くことができます。
無駄遣いを避けつつ、急ぎすぎずがポイントです。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

オススメ

このページの先頭へ