クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

ナンパをセッ○スの手段と考えるのは無駄

年も明けたと言うことで、久々にナンパに対する哲学を一つ。笑

ビジネスでも何でもそうだが、「何のためにやるのか」を考えることは非常に重要で、ナンパにおいても例外ではない。ほとんどの人が体目的でナンパをするわけだが、ごく一部の人間はプラスアルファを求めてナンパをしている。ナンパは中毒性が高く、多くの時間を割かれる危険性があるのはナンパ師の人なら実感しているだろう。だからこそ、できるだけそれらの時間でセッ○ス以外にも多くのモノを得たいというのがホンネ。ぼく自身もそういう思いでナンパをしていた。

じゃあ一体セッ○ス以外にナンパから得られるモノは何なんだという話になるが、コミュニケーション能力からお金まで得られるモノは意外と幅広い。参考までにぼくが得られたモノは、人脈、お金、仕事、尊敬、コミュニケーション力、度胸、リスクヘッジ能力、精神力…ざっと考えただけでもこれだけある。

しかし、ただなんとなくダラダラと日々ナンパをしていてもこれらを得られることはなく、多くのモノを得ようという貪欲さと、なぜうまくいったのか(失敗したのか)を考える仮説検証能力、成功するまで諦めないという強い意志などが必要不可欠だ。これらなしに有意義なナンパにはならないと思う。

ナンパをするのにいちいちそんな小難しいこと考えねえよという意見もあるかもしれないが、失った時間は取り戻せないので自戒の意もこめてこの記事を書いた。自分は幸いなことにもったいない精神旺盛なのでとにかくナンパの時間がもったいないといつも考えていたので、仕事に繋がる情報を会話の中で仕入れたり、仕事を探している女の子を知り合いに紹介して紹介料をもらったり、常に多角的にナンパを考えるようにしてきた。

もしナンパをセッ○スのためだけにしているならそれは時間の無駄だとはっきり申し上げたい。もっと色々なモノを得るためにナンパをする、という思考でこれからもうまくナンパと付き合っていこう。

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

オススメ

このページの先頭へ