クラブナンパに関するまとめはクラブナンパからご覧ください。

Facebook omiai 研究ラボ | Omiai(オミアイ)が値上げ!ぼったくりレベル!出会える可能性は・・・

ネットナンパ特集2日目ということで、今日はFacebookの出会い系アプリ・Omiai(オミアイ)を紹介します。

出合い系の中では比較的新参者ですね。
Facebook上で展開されるマッチングサービスの最大手です。会員登録数はわからないが、150万イイネを達成したとか。けっこう使ってる人は多そう。

ちなみに、

「Facebook上ってことは、使ってるのが友達にバレたりするんじゃ・・・」

という心配は無用。フィードには一切出ないようになっている。候補リストにも友達はでないようなので、そこら辺は安心だ。

基本的なシステムとしては、気になる女の子のイイネをすると相手にそれが通知され、相手もイイネを返してくれるとマッチング成立となり、メッセージのやりとりが可能となる。逆に、イイネをされないとメッセージの交換はできない。いかに写りの良い写真と魅力的なプロフィール文を用意できるかにかかっている。

良心的なところとしては、登録自体は無料という点。
30イイネが与えられるので、とりあえずイイネを消費するまでは無料でできるようになっている。
なのでやらない手はない。

アプリ自体はこんな感じ。
Screenshot_2014-05-14-15-25-49

サムネイルがだーっと並んでいて、気になる子を探すと詳細ページに飛ぶ。
検索機能なども比較的充実していて使いやすい。

イイネが返ってくると、メッセージでのやりとりが可能。
こんな感じだ。
Screenshot_2014-05-14-15-27-40

お決まりの既読機能も付いているので、相手が読んだかどうかがわかる。
ちなみにメッセージのやりとりは有料会員にならないとできない。ようするに、無料でイイネをして、マッチングが成立してやりとりを続けたい場合はお金を払いなさいと言うことだ。マッチングが成立してるのに「有料ならいいや」とはならないからね。ここら辺は誘導がうまい。

気になる料金は、月額2,780円と謳っているが、これは年間一括払い用。一ヶ月だと3,980円・・・高っ!
ちなみに2014年4月から料金改定したっぽい。強気だな・・・。以前は2,980円でした。
2,980円と3,980円って1,000円しか違わないけど、印象的には相当高いぜよ。

一応料金表。
Screenshot_2014-05-14-16-05-14
運命の出会いを探すには時間が必要です。6ヶ月プランを推奨しています、ってやかましいわ。

しかもやっかいなのは30イイネもらえるから30人にイイネできるのではないということ。
イイネの消費数は女の子の人気によって変動するのだ。人気がある(=多くの男性からイイネをされている)女の子ほど消費イイネ数が多い。最大で3イイネ。

つまり、スト高の女の子に絞ってイイネをするとなると、

30イイネ÷3イイネ=10人
3,980円÷10人=398円

一人イイネするのに398円!
これはもはやぼったくりレベルだ。
確かにイイネが成立すれば、出会い系サイトと異なり出会える可能性は高いだろう。
しかし、イイネが成立する保証もないのに1イイネ398円は高すぎる。

金の亡者と化したな・・・Omiaiさんよ。

驚くのはこれだけではない。
なんとこの料金、女性にも同じ料金設定がなされている。
つまり、出会いがない出会いがないと嘆く女子が3,980円払って出会いを探しているのだ。
通常の出会い系では考えられない。

とにかく高すぎるので、本当に出会いたいなら他の出合い系の方がいい気がするけど・・・。
ちなみに、ユニークな機能としては、5イイネを消費することでメッセージ付きのイイネが飛ばせるというものがある。
これとか、やって返信なかったら涙流れるレベルでしょ・・・500円だよ・・・?その名もスペシャルイイネ。

Screenshot_2014-05-14-15-29-06

まとめとしては、

とにかく高い!!!
完全なる改悪である。いやーこれはぼったくりレベルだろ・・・。

一応出会えた実績があるので出会えるは出会えるけど、コスパの観点からオススメしません。以上!

それよりも無料でもっと効率良く出会えるサービスあります。大手で安心という点と女性ユーザーの数が非じゃありません。使ったことがある人も多いと思いますが、改めて使ってみることをオススメします。

サービスサイトへ

サブコンテンツ

管理者

Takayuki
Webコンサルティング会社代表取締役。 Webからの集客に関する最新のノウハウを、美容室、システム開発会社、整体サロン、印刷会社、医療機関など業界を問わず提供。当サイトに関する紹介はこちら

このページの先頭へ